スノーシューと山歩き

トレッキングブーツの経年劣化

山歩きの途中で、もしもトレッキングブーツがダメになりまともに歩けなくなったら。。。

ブーツのソールが。。。

■ソールが剥がれて
経年劣化この写真、分かりますか?
トレッキングブーツのソールが剥がれています。


ポリウレタン素材を使用したブーツの経年劣化です。

これは他人事ではありません!

写真をご覧になっている貴方のトレッキングブーツが同じ素材であれば近い将来、私と同じ状況に陥る可能性があります。

2003年、尾瀬の燧ケ岳をトレッキングしました。
御池から約2.5kmの熊沢田代まで来た時、左足に何か引きづる違和感を感じ、 そのまま進むにつれてさらに違和感が酷くなり、見るとソールが半分だけ剥がれていました。

応急処置として2本の紐でソールとブーツを固定し、引き返す事にしましたが、直ぐに右足にも同じ違和感を感じ。

結局、下山途中で左右ともソールが剥がれ落ちてしまい、残ったインナーブーツの様な薄い素材のものだけで下山することになりました。

この状態になると悪路では、まずまともに歩けません。

休み休みでなんとか下山することができました。

はっきり言って『ツライ! でもこれだけで済んで良かった』と思っています。

怪我もなく無事下山できたのは不幸中の幸いです。

経年劣化

トレッキングブーツの多くは、ミッドソールにポリウレタン素材が使用されており、このポリウレタン素材の経年劣化が原因でソールが剥がれ落ちてしまいます。

トレッキングの前には、必ずソールに亀裂がないか、剥がれかかっていないかなどを確認しましょう。
特に長期間(シーズンオフを含めて)の保管後、シーズン初めのトレッキングが要注意です!
もしも異常があればソールの交換等の対応、あるいはトレッキングの中止をお奨めします。


>次 装備
<前 トレッキングブーツ

TOP


(c)スノーシューと山歩き