スノーシューと山歩き

地図とコンパス必携

スノーシューイングする時、地図とコンパスが必要になります。


スノーシュー大切なこと

グリーンシーズンであれば登山道・遊歩道などコースがハッキリしている場所でも。。。

地図とコンパス

■道は雪の下
道は雪の下 スノーシーズンでは、登山道・遊歩道など全て雪の下になり全く見えません。
また標識・マーカーなども雪で見えません。

さらに人気のあるフィールドでは、多くのトレース(足跡)があります。
また好き勝手に歩いたトレースも沢山あります。

そのトレースが『自分が進みたい正しいルート』、『安全なルート』である保障は全くありません。

自分の歩くルートは、自分で決めなければなりません。
またトレースが正しいルートであるかを自分で判断する必要があります。

■地図とコンパス必携
地図とコンパス その判断材料として地図とコンパスは必要な道具です。



地図、コンパス、目視で現在地点の確認、自分の進むルートを確認しながら歩くことになります。
地図は、1/50,000地図では粗く、1/25,000地図が必要です。

■高度計
高度計 なお現在地を確認するために高度計があると参考になります。


地図とコンパスは、買い揃えておくだけでは意味がはありません。
フィールドで地図とコンパスを使いこなせるのが大切です。


>次 トレッキングブーツ
<前 厳しい自然も

TOP

(c)スノーシューと山歩き