スノーシューと山歩き

スノーシュー準備・ウエア

スノーシューイング時のウエアについてを紹介します。

ウエアは重ね着で

スノーフィールドは、氷点下の世界です。
また風が吹けば体感温度はさらに低くなります。

気温が低いからと言って単に厚着をすると歩きづらくなります。
またスノーシューで歩いていると氷点下でも結構汗が出てきます。

トレッキングウエア(山歩き用ウエア)のような機能性を持ったアウターウエア、ミドルウエア、アンダーウエアの重ね着で体温調節ができるものがいいでしょう。

アウターウエア

上着として着ます。
雪・雨・風を防ぎ体温を維持し、さらに汗などの湿気を放出するウエアがいいでしょう。
言い換えると防水性、防風性、保温性、透湿性の良い素材になります。

ミドルウエア

中間着として着ます。
体温の維持が主な役割で保温性、透湿性の良い素材がいいでしょう。

アンダーウエア

スノーシューは、結構運動量があります。
歩いていると必ず汗が出てきます。
早く乾かすことが大切です。
下着としてダクロン素材の様な汗を吸い取り、早く乾き、吸水性・速乾性が良い素材がいいでしょう。
また湿気を含むと発熱する素材も有ります。

なお綿素材の下着は、吸水性は良いのですが、乾きずらく濡れたままの状態で体温低下となるので絶対にダメです。

運営者のウエア

運営者は、山歩きで使用しているトレッキングウエアをそのまま使用しています。

アウターウエアは、ゴアテックス素材のマウンテンジャケット。
ミドルウエアは、フリースとダクロン素材の長袖シャツ。
アンダーウエアは、吸汗速乾性・保温性のある長袖シャツ。

■アウターウエア
アウターウエアアウターウエアとしてマウンテンジャケットとオーバーパンツを使用しています。





熱い時には、アウターウエア、ミドルウエアのファスナーを開けて体温調節しています。
また天気がよく、風が無ければアウターをザックに入れて歩く時も有ります。

下半身ウエアは、吸汗速乾性のトランクス、サポートタイツ、トレッキングパンツ(ストレッチパンツ)とオーバーパンツ(ゴアテックス素材)を着ています。
また気温が低い時、夜間・早朝時にはタイツの重ね着もしています。


>次 帽子など小物も
<前 足元を固め

TOP

(c)スノーシューと山歩き