スノーシューと山歩き

スノーシューの歩き方・平地

スノーシューによる平地の歩き方・注意点を説明します。

スノーシューの歩き方

スノーシューの平地での歩き方は、普通に歩くのと同じです。
ただフレームの幅がブーツよりも広いため普通に歩くと左右のフレームが接触します。

多少足を開き気味で左右を平行にし、フレーム自体が接触しない様に歩きます。
また左右が平行でなく逆ハの字型の時、テール部分が接触し転倒の原因になるので要注意です。

歩き方・後退

スノーシューの歩きで苦手の一つが「後退」です。

■テールが下がる
テールが下がる足を上げるとテール部分が下がり、そのまま足を後へずらすとテールが雪に突き刺ささります。

広い場所であれば後退ではなく、回り込んで方向転換した方が良いでしょう。
狭い場所、斜面などであればスキーのキックターンの要領で方向転換します。

慣れるとテールを上げて後退ができます。
説明しずらいので省略します。 (^^ゞ


>次 歩き方・急斜面
<前 スノーシューの装着

TOP

(c)スノーシューと山歩き